ルトラールの効果と副作用

久しぶりに基礎体温を再開してみました。
今日の体温は36.62と、
きちんと高温期になっています。

ただ、まだ今は生理周期の20日目。

高温期で当たり前の時期なので、
期待も何も持ちようがありません。

なぜ基礎体温をつけ始めたのかというと、
今回は期待値が少し高めなので、
どうしても早く妊娠を知りたい!
という思いからです。

がっかりするにしても、
とにかく早く結果を知りたい!

期待が大きい分、
だめだったら落胆も大きいでしょうから、
かなり早いですが、人工授精から6日目の今日、
まだだと思いつつ、
妊娠検査薬を使ってしまいました。

結果は陰性。真っ白!
落胆しつつ、当たり前かと思いつつ。
わたしの場合、基礎体温はわりと正確なため
体温が下がれば間違いなく生理がきますので、
やはり基礎体温でちょっと心の準備をしつつ、
判定の日を待ちたいと思います。

それにしても、体調の変化は現在ほぼゼロ。
生理前症状さえまだです。

ときどき軽い吐き気があるのは、
「ルトラール」という人工授精後に処方される薬の副作用のせいでしょうか。

この薬、妊娠していようがいなかろうが、
10日も飲み続けるんですよ。

受精後の着床しやすくするための薬だとか。

つまり、妊娠していなければあんまり意味のない薬なのでは、
しかもネットで調べるとけっこう副作用があるらしいので、
明らかに妊娠がだめだとわかった時点で
服用をストップしようかと迷い中です。
(ちなみに前回も、早く生理がきたのですぐに服用をやめました。)

【PR】
>>ルトラールの販売サイトはこちら




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ