今日も卵胞と内膜の厚さをチェック

今日も超音波で卵胞と内膜を診てもらってきました。

ところが……
今日は、左の卵胞が11ミリ、右が14ミリという結果。内膜は7.2ミリ。

おそらく右の卵巣から排卵するんだろう……と先生はおっしゃいますが、
右は3日前が12.8ミリですから、
3日間でたったの1.2ミリしか育っていないことになります。

先月も右から排卵だったのですが、
そのときは3日で5ミリ育っていました。

ただ、よく見ると今回、左が3日で5ミリ育っています。

もしかして左から排卵するのでは??と疑わしいのですが……
なんだかよくわかりませんが、
先生は「遅いけれど、育っている」と判断されたようです。
心配でネットでもいろいろ見てみたんですが、
排卵がいつもより1週間以内で遅れるのは正常の範囲内だそうです。
あまり遅いと、卵の質が良くないので、
妊娠しなかったり、
受精しても流産したり奇形になったり……というリスクが出てきます。

一応、人工授精は今日から4日後に決定しましたが、
それでもまだよく育っていなければ、排卵誘発剤もしくは
もう一度人工授精という方法になるそうです。

1周期に2度の人工授精……確率は上がりそうですけどね。

ただ、あまりに排卵が遅れると、
逆に薬で生理を起こして一度リセットしなければいけないとか。

ゴールデン期間のチャンスが少ない中、
一度たりとも逃したくない……というのが正直な気持ちです。

それでも流産してしまえば、手術したり1,2周期お休みしたりと
いっそうチャンスが減ってしまいますから、
ここは先生に身を委ねるしかありません。

さて、通常とはちょっと違う今回、どうなることか……

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ