医師の排卵日予測間違い

昨日からおりものが多いなぁ……とは思っていたのですが……
人工授精の今日。
超音波で診てもらったところ、
やはり排卵は終わってしまっていました……
ただ、まだ間に合うかもしれないからということで、
一応人工授精はすることに。
まさか貴重な一回が、医師の排卵日予測間違いに終わるとは。
今回は期待薄そうです…

また、もう一つ懸念材料があり、医師からはとうとう
体外受精を勧められてしまいました。

というのは、夫の方の状態があまりよくないのだとか。

お薬で効果が出るかどうかは個人差があるし、
早めに体外受精に切り替えた方が確率が上がるとのことでした。

わたしもあと2ヶ月で32歳。

まだ大丈夫……なんて言ってたら、すぐに高齢出産になってしまいます。

このまま人工授精で良いのか、体外受精に切り替えるべきか……

できれば体外受精は避けたいと思っていたんですが、
そうも言っていられなくなりました。

夫と話し合った結果、あと3回、人工授精に懸けてみようということに。

そしてその頃に薬で精子の状態が良くなっていたら、
もう2回人工授精を試そうということに。

3回経っても精子の改善がみられなければ、
体外受精をする覚悟を決めよう、
ただ、体外受精をする前に3ヶ月、治療をお休みしよう――
夫もわたしも、精神的にかなり追い込まれてきました。

「3ヶ月休もう」と決めただけで、
ほんの少しだけですが、ストレスがすっと軽くなったのを感じました。

お休み期間が来る前に妊娠することを祈りつつ、
だけどほんのちょっとお休み期間を楽しみにしつつ、
ひとまず何も考えずに今回の結果待ちをしたいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ