早期妊娠判定薬

なぜか朝、体が冷えているような感じがして、
体温を測ってみました。
体温は、36.47……
う~~ん、低い!
またまただめだったのかな……とがっかりモードの朝でした。

でもよく考えたら、排卵が20日か21日だったと仮定したら、
まだ受精もしていない、もしくは受精している最中、
もしくは受精して間もない可能性もあるわけですよね。

それなら今この体温はあんまり関係ない……と思いたい!
だめですね、こんなに一喜一憂しちゃうんなら、
やっぱり体温なんて測るべきじゃないのかも。

うん、やっぱり基礎体温はやめましょう。

万が一にも測ってしまわないよう、
もう体温計をベッドに置いておくのもやめます!
あとは妊娠判定まで、おなかには気を遣いつつ
通常の生活を続けていくことにします。

だけど「もしかしたら……」という今のこの時期、
ストレスにはなっているんでしょうが
ちょっとだけ楽しいです。

ほんの少し夢を見られる期間ですからね。
この夢が現実になることを切に願いたいものですが。

だけど、妊娠に悩みながら感じたのは
「これがだめだったら次はこうしよう!」
という逃げ道を作っておくととても気が楽になるということ。
それも、できるだけ最初は体に負担がない方法で。

私の場合、
今回がだめならタイミング法にしようと考えているんですが、
そんな予防線を張っておくことが、
今のところ私の心をちょっと軽くしてくれています。

今回は、早期妊娠判定薬という強い味方がいるので、
予定よりちょっと早く検査をしてみようと思います。

検査予定は、今週末。
それまではドキドキしながら、
夢を見ていたいと思います。




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ