精液検査の注意点

今日も生理は来ませんでした。

とはいえ、生理周期で言えば今日は29日目。

いつもは27か28日周期ですから、特にたいした遅れではありません。

3ヶ月ほど前も、確か30日目に生理がきましたしね。

何より、生理前症状が昨日よりひどくなっています。

下腹がちくちくと痛むので、ああ、今回も来たな……と感じますね。

期待しすぎず、楽観的に待ちたいと思います。

夫の方は、自分に生理症状などが起こっているわけではないので、
「それでもやっぱり可能性があるんじゃないか?」
とまだかなり期待している様子。

わたしの方は自分の体調だから、ああ、だめだろうな……とよくわかるのですが。

生理が遅れるにつれ、期待に温度差が生まれているようです。

今日は、病院から初診の際にもらった精液検査の資料を
チェックしておくことにしました。

生理がきたら、とりあえずすぐに精液検査ができるようにと……
それによると、精液は温度に敏感、ということが書いてありました。

冷やしすぎず、温めすぎずというのが大事のようです。
冬場ならタオルにくるんで持っていくのが良いそうですね。
検査にあたって必要な情報は、「禁欲日数」のみ。

容器に日数を記入して提出するようです。
3~5日以上は禁欲してから検査するのが望ましいそうです。
逆に言うと、長すぎるのもだめなのかもしれませんね。

よくネットで見ていたら、新鮮なのが良いと勘違いして
検査前日に出しておく人もいるそうです。

そうすると自然と精子の数が減り、異常ありと診断されてしまうらしく……
わたしたちの今後を決める検査ですから、万全を期して臨みますよ!




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ