「2013年3月」の記事一覧

医師の排卵日予測間違い

昨日からおりものが多いなぁ……とは思っていたのですが……
人工授精の今日。
超音波で診てもらったところ、
やはり排卵は終わってしまっていました……
ただ、まだ間に合うかもしれないからということで、
一応人工授精はすることに。
まさか貴重な一回が、医師の排卵日予測間違いに終わるとは。
今回は期待薄そうです…

また、もう一つ懸念材料があり、医師からはとうとう
体外受精を勧められてしまいました。

というのは、夫の方の状態があまりよくないのだとか。

お薬で効果が出るかどうかは個人差があるし、
早めに体外受精に切り替えた方が確率が上がるとのことでした。

わたしもあと2ヶ月で32歳。

まだ大丈夫……なんて言ってたら、すぐに高齢出産になってしまいます。

このまま人工授精で良いのか、体外受精に切り替えるべきか……

できれば体外受精は避けたいと思っていたんですが、
そうも言っていられなくなりました。

夫と話し合った結果、あと3回、人工授精に懸けてみようということに。

そしてその頃に薬で精子の状態が良くなっていたら、
もう2回人工授精を試そうということに。

3回経っても精子の改善がみられなければ、
体外受精をする覚悟を決めよう、
ただ、体外受精をする前に3ヶ月、治療をお休みしよう――
夫もわたしも、精神的にかなり追い込まれてきました。

「3ヶ月休もう」と決めただけで、
ほんの少しだけですが、ストレスがすっと軽くなったのを感じました。

お休み期間が来る前に妊娠することを祈りつつ、
だけどほんのちょっとお休み期間を楽しみにしつつ、
ひとまず何も考えずに今回の結果待ちをしたいと思います。

今日も卵胞と内膜の厚さをチェック

今日も超音波で卵胞と内膜を診てもらってきました。

ところが……
今日は、左の卵胞が11ミリ、右が14ミリという結果。内膜は7.2ミリ。

おそらく右の卵巣から排卵するんだろう……と先生はおっしゃいますが、
右は3日前が12.8ミリですから、
3日間でたったの1.2ミリしか育っていないことになります。

先月も右から排卵だったのですが、
そのときは3日で5ミリ育っていました。

ただ、よく見ると今回、左が3日で5ミリ育っています。

もしかして左から排卵するのでは??と疑わしいのですが……
なんだかよくわかりませんが、
先生は「遅いけれど、育っている」と判断されたようです。
心配でネットでもいろいろ見てみたんですが、
排卵がいつもより1週間以内で遅れるのは正常の範囲内だそうです。
あまり遅いと、卵の質が良くないので、
妊娠しなかったり、
受精しても流産したり奇形になったり……というリスクが出てきます。

一応、人工授精は今日から4日後に決定しましたが、
それでもまだよく育っていなければ、排卵誘発剤もしくは
もう一度人工授精という方法になるそうです。

1周期に2度の人工授精……確率は上がりそうですけどね。

ただ、あまりに排卵が遅れると、
逆に薬で生理を起こして一度リセットしなければいけないとか。

ゴールデン期間のチャンスが少ない中、
一度たりとも逃したくない……というのが正直な気持ちです。

それでも流産してしまえば、手術したり1,2周期お休みしたりと
いっそうチャンスが減ってしまいますから、
ここは先生に身を委ねるしかありません。

さて、通常とはちょっと違う今回、どうなることか……

卵胞チェック~卵胞が育たない

生理周期12日目の今日は、
超音波で卵胞がどれだけ育っているかを診てもらいました。
すると……ちょっとショックなんですが、
超音波で診てもらっているときに、
「全然育ってないなぁ……」というお医者さんのつぶやきが聞こえました……
あとで聞くと、左の卵胞が6ミリ、右が12.8ミリということでした。
内膜は、6ミリ。
これだけ聞くとどういうことなのかよくわからないのですが、
先月と比べると明らかでした。
先月は、同じ周期で右が17ミリ、左はなし。
一つが育てば通常、他の卵胞は消えるものだそうですから、
今両方残っている時点で何かしらおかしなことが起こっている、
もしくは排卵がまだまだ先だと言えます。
毎月同じようにはいかないとはわかりつつも、
あまりに先月と違う状態になると不安で不安で……
思わず先生に、「遅れているだけですよね?」
と念押しのように聞いてしまいました。
「そう思います」と先生は一言。
「あまりに育ちが悪いときは、排卵誘発剤を打ちますから」
と慣れた口調です。
先生の口調はそっけなく感じたものの、
逆に「ああ、よくあることなんだ……」
とちょっとだけほっとしました。

今回から、夫への漢方薬の処方もありました。
精巣内をきれいにしてくれる漢方薬を服用することになり、
妊娠するまで毎日飲み続けます。
効果が数値として表れるまでに3ヶ月かかるそうです。
わたしのFT後のゴールデン期間中のチャンスがあと5回。
夫の調子が万全になってからのチャンスは
なんとたった1回しかありませんが、
それでもやらないよりはマシ!
チャンスに賭けたいと思います。




ルトラール服用の副作用で高温期のまま生理

今回は期待値が高かっただけに本当に残念なんですが、
今日、生理が来てしまいました。
生理周期、今日で28日目でした。
でもいつもと違って、
朝から体温が高かったので(36.71でした)
まだ来ないだろう……と思っていたら、
高温期のまま生理が来ました。
ネットで、ルトラールを飲むと高温期のまま生理が来るとか書いてありましたが、本当にその通りなんですね。

体調がいつもと違い、もしかしたら、、、と期待していたんですが、
全部ルトラールの副作用だったようです。
ただ、生理周期が遅れるともありましたが、
わたしの場合は当てはまらなかったようです。
いつもとほぼ同じ周期で生理が来ましたので、
悔しいやら悲しいやらで、
トイレで涙ぐんでしまいました。
本当に、そろそろ限界に感じてきました。
約2年、「今すぐほしい」と願いながら
毎月トライしてきた私たち夫婦にとって、とても長くつらいです。
気持ちの切り替え方がわからず、とりあえず夫に、
「また次、頑張ろう」
と告げるしかありませんでした。
さて、次のトライは、約14日後です。
それまでにできることは、
私の方は、カフェインとアルコールを控える。
夫の方は、亜鉛のサプリを飲み続ける。
もともと私も夫もお酒やたばこは好まないので、
そのあたりは無理なくできそうです。
統計上、FT手術後の次の周期での妊娠率が最も高い様子。
つまりは、次の人工授精が最も確率が高いということに。
そのことに希望を託しつつ、また受けて来ようと思います。

【PR】
>>ルトラールの購入はこちら




サブコンテンツ

このページの先頭へ