「2013年4月」の記事一覧

夫と二人で不妊クリニック

今日は夫と二人で不妊クリニックへ。
今回は夫がクリニック採精をするため、
一緒に行くことになったのです。
着いてすぐ、夫は採精室へ。
ちょっと衝撃だったのが、
採精室のビデオは無修正なんだとか……
調べてみると、不妊クリニックの採精室には、
たいてい無修正のビデオが置いてあるのだとか。
夫に聞いたところ、
リラックスできるよう、二重ロックになっていたり
リクライニングチェアだったりと、
最大限に工夫してあるそうです。
おかげで、それほど焦ることもなく、うまくいったそうです。

1時間半後、今度はわたしが人工授精に臨みました。
今回は若い男性医師でした。
いつもは超音波も人工授精時もゼリーを使ってもらうのですが、
「人工授精のときは、ゼリーは使いません」
と先生の方針で使わないことに。
不安だったけれど、丁寧にしてもらえたためか、
何とか耐えられました。

今回はお薬が効き始めてきたのか、
精子の状態が良くなってきていましたよ。
運動率だけは40%と平均以下ではあったんですが、
これまで15%やら30%やらばかりなので、良い方だと思います。
濃縮後には92.3%にまでアップしたので、まず問題なさそう。
何より、精液量が2ml、精子濃度9430万と良くて、
濃縮後も良い数値が出ました。
私の排卵も直前だったし、
精子の状態も良いし……ということで、
今回は期待値が過去最大に高いはず!
先生も、「今回の状態は良いですよ」と太鼓判。
まあ、確率の問題なので何とも言えませんが、
ともかくはベストを尽くせた人工授精となりました。




超音波検査の結果、急きょ人工授精

生理周期12日目の今日。
超音波検査に行ってきました。
すると、右の卵胞がすでに19ミリにまで達しているとのこと。
20ミリを超えると排卵が近い状態ですから、
12日目にしてかなり早く大きく育っていることになります。
前回は約4日遅れた排卵だったのですが
今回はなぜか4日ほど早まっているようです。
「内膜の状態も充分に分厚くなっていますから、
明日人工授精しましょう」と言われ、
急きょ明日、人工授精することになりました。
いつもは自宅にて採精するんですが、
いつも状態が良くないので、
少しでも確率が上がるなら……と今回はクリニック採精を選びました。
看護師さんに確率が上がるか聞いてみると、
「フレッシュなのは確かですから、
2時間かけて持ってくるよりも良いはず」とのこと。
やはり、ほんの少しだけですが状態が良くはなるようです。
排卵がまだ来ていないので、
今日はHCG(排卵誘発の注射)を打つことになりました。
毎度のことながら、これ痛いんですよね……
皮下注射で、針がささるときより薬が入るときの痛みがたまりません。
まぁ、注射自体はすぐに終わるんで何とか耐えますが……。

今回で4回目の人工授精になります。
1回目をノーカウントにして、
FT手術(卵管を造る手術)後から数えると、3度目。
そろそろ妊娠してもおかしくないタイミングだと思うのですが……
精子の状態が良くなるお薬も毎日飲み続けているし、
今回は前回のように排卵後の人工授精ということもないし、
明日の人工授精に願いをかけたいところです。




あと2回で体外受精に切り替えていきます

今回は覚悟していたのですが……
やはり生理が来ると落ち込んでしまいます。
今朝、とうとう生理が来てしまいました。
また一からやり直しです。
ただ、今回はもともと排卵が終わってからの人工授精だったこともあり、
早い段階で諦めていたためか
何とかまたチャレンジする気力がわいてきました。
次は、また排卵チェックのために
12日後に超音波検査に行きます。
そして、おそらく16日目頃にまた人工授精ということになりそう。
今回は何とか排卵よりも前にしてほしいと願うばかり。
また土日の休日に邪魔されないことを祈ります。

さて、わたしたちの(心の中で決めている)チャレンジも
残すところあと2回。
そして、その後はしばらくお休みして、
体外受精に切り替えていきます。
体外受精は体力的にも精神的にも経済的にも大きなダメージのうえ、
できるかどうかは運しだい……という感じなので
できれば避けたいと今は思っているのですが……。
願わくば、
あと2回チャレンジして、
その間に夫の精子の状態が良くなれば、
さらにあともう一回人工授精でも良いかな……と思っています。
それも先生と相談しないと、
もはや自分たちだけでは判断つきません。
ただ、不妊治療に取り組んでいて思うのは、
自分たちの決断あってこそ先生の存在が必要だということ。
不妊治療はあくまで自分たちの努力と決断で進めていくものなんだな~
と今は実感しています。
先生に頼りきりでは、納得できないしうまくもいかない。
不妊治療を通して、少し精神的に鍛えられた気がしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ