「妊活」の記事一覧

無事生まれました。

ひとりは2800g以上でございました!もう一人は1800g台だったのでNICU(新生児集中管理室)に。




いよいよ明日は手術!

いよいよ明日は手術!こわいけど、かわいい赤ちゃんに会えるのは楽しみです。




これからのマタニティライフが楽しみです。

今日も超音波のために受診に行きました。
あれから約1週間……どうなっていることか?
うまく育っているんでしょうか?
不安になりつつ、内診台へ。
さっそく映像に映し出されたのは、しっかりと育った二つの卵胞、
そしてその中にはうっすらと赤ちゃんらしきものが!
しかも、二つの胎芽はとくとくと心臓も動いていたのです!
本日無事、心拍確認となりましたよ。
赤ちゃんは、一人は6.6ミリ、もう一人は6.9ミリと、7ミリ届かない程度。
先生いわく、順調な大きさとのことで、一安心。
ひとまず、心拍確認前の流産という心配はなくなりました……
やはり流産が怖くて仕方がない私たち夫婦にとって、
一歩一歩のステップが貴重なもの。
先生の一言一言に、一喜一憂してしまいます。

私が通っている不妊専門病院では、あと2回、計3回心拍を確認するまで
卒業させてくれないようです。
もっと早く紹介状を出してくれてもいいんじゃないかとも思うのですが、
素人にはよくわからないのでお任せするしかないですね……
ひとまずあと2回、無事に心拍を確認したら、
次は大きな総合病院に移ります。
なんと、双子の場合、早ければ7か月で帝王切開することもありえるそうですね。
最短で年内に出産することに……
まずは、何とか無事に安定期を迎えることを祈るばかりです。

その前に、念願の母子手帳を……!
これをもらうまではまだ妊婦って感じがしません。
双子の場合、二冊同時にもらうんだそうですね。
大変さ二倍だけど、幸せも二倍。
これからのマタニティライフが楽しみです。

ピル個人輸入




妊娠発覚ヾ(●´▽`●)ノ彡

生理周期40日目の今日。
生理はまだ来ず、とうとう今日、受診してきました。
すると……

なんと、ようやく妊娠発覚ヾ(●´▽`●)ノ彡

ホルモン値でも、超音波でも、見事妊娠したことがわかりました!

今日で、5週と5日目となるそうです。
(週数では、かぞえでの計算――生理周期の開始日からの計算となるようです)
しかも、双子ちゃんでした。
超音波で二つの卵胞がはっきりと見え、二卵性の双子だとわかりましたよ。
すっかり舞い上がって夫にメールすると、夫も嬉しそうでした。
ただ、双子と聞いて、二人の心には嫌な予感がよぎり……
そう、二年前、流産したときも、双子だと言われていたんです。
だから、また流産するんじゃないかと、どうしても不安を感じずにはいられません……

しばらくは、まだそれでも喜びすぎず、安静にしつつ、様子を見ようということに。
さすがに二回目の妊娠となると慎重です。
私の親には伝えたものの、義理両親にはまだ言わず、心拍が確認できるまで黙っていることに。
出産予定日は、基礎体温表に来年3月5日と書いてくれていました。
ただ、双子のためおそらく早産になるだろうと。
しかも初産で二人なので、個人の産婦人科では受け入れてもらえないことが判明。
わざわざ少し遠い、総合病院での出産になります。
ひとまずは、心拍確認ができるよう祈るばかり。
今のところ大きな体調の変化はありませんが、今後どうなるのか不安と期待とでいっぱいです。

それにしても、とうとう長かった不妊治療生活に、一旦ピリオドが打たれました。
今感じているのは、――疲れが吹っ飛んだということ(笑)
身も心も疲れ切っていたのが、「妊娠」のたった二文字が、一気に生活を輝かせてくれましたよ。

ケアプロスト 通販




生理周期31日目でも、まだ生理がこない

生理周期31日目の昨日の段階でも、まだ生理がきませんでした。
まぁ、基礎体温表を見返したところ、
過去にも32日目にやっと生理が来るのが2回だけですがあったので、
まだ何とも言えない状態です。
そして、32日目の今日。
まだ生理はきません。
胸の張りや体のだるさなど生理前症状は起こっているのですが……
念のため、基礎体温を測ってみることにしました。
といっても、普段測っていないのであまり参考にはならないかもしれませんが。
今朝の基礎体温は……36.63でした。
ちょっと高めではありますが、
判断つきにくい体温ですね。

またがっかりするんじゃないか……と嫌だったんですが
はっきりさせたいという思いもあり、妊娠検査薬を購入してみました。
今回はPチェックの2回用です。
そして、尿をかけて待つこと1分……。
どうせまた真っ白だろう……と判定窓をのぞくと……
陽性?!
はっきりと濃い線が判定窓に。
それでも、これまでの妊娠しなかった経験のあまりの長さに、すぐには信じられず。
HCGの注射がまだ残ってるんじゃないかと思ってみたり。
だけど、言われてみればいつもと違う生理前症状に思い当たることもあります。
何より、以前の妊娠時と同じ症状が――
それは、「悪夢」なんです。
前回の妊娠では、うなるような悪夢を何度も見たんですが、
実は昨日もうなされたんですよね。
それでちょっと、妊娠かも?という思いもわいてきてます。
ひとまず、あと最低1週間は判定するまで普通に生活します!
期待しすぎず、かといって無茶もしすぎず。




4回目のIUI(人工授精)

さて、FT手術から今日で4回目のIUI(人工授精)です。
いつもの通りの手順で、
夫がクリニックにて採精し、1時間半かけて洗浄濃縮、
そしてその後、私が呼ばれて人工授精となりました。
人工授精時、
「今回は、ちょっと通りにくいようです」
と言われ、いつもとは違った器具を使われました。
原因はわかりませんが、
今回は管がうまく入らなかったようです。
器具を変えると、スムーズに入ったようで、ほとんど痛みもなく終わりました。

さて、今回の精子の成績を見てみますと……
なんと、かなり良くなってきています!
特に運動率が、これまでは基準値を上回ったことがなかったんですが
今回は基準値の50%を上回り、65.0%という結果に。
濃縮後は85.1%にまで達しました。
精子濃度は4230万/mlが、濃縮後7700万(基準値7500万)。
運動精子濃度が2750万、濃縮後6550万。
完璧とまでは言えないまでも、
まずまず良い結果で、回を追うごとに良くなってきています。
「旦那さんの体に、お薬が合っているみたいですね」とのこと!
薬を飲み続けたのが、ようやく効いてきたようです。
一応、あともう一回トライする予定なので、
薬を切らさないよう続けていくよう言われました。

私の方の卵胞は、昨日よりさらに大きくなり、
卵胞21ミリ、内膜12.7ミリに。
十分な大きさで、今日・明日までには排卵するだろうとのことでした。
排卵誘発の注射を打ち、あとは排卵を待つばかり。
どうか、今回こそ……と祈るしかありません。
これで最後になればと願ってやみません。




超音波で卵胞のサイズをチェック

今日は超音波で卵胞のサイズをチェックしに行きました。
生理周期ではまだ12日目ですから、
人工授精はまだ先だろう……と予想していたんですが、
なんと、すでに右の卵胞が20ミリにまで達しているとのこと。
内膜が7.4ミリで、人工授精は明日が最適だと言われました。
予想外の早さでしたが、遅いよりはよほど良いこと。
ということで、明日人工授精が決定しました。
前回、クリニック採精で比較的数値が良かったので、
今回も夫と一緒にクリニックに行きます。
漢方薬の効果が月を追うごとに表れていることを祈りつつ……
明日に臨みたいと思います!

今日は先生と今後について少し話しました。
「FT(卵管造形手術)をしてから、妊娠する人は
だいたい6回以内にしています」とのこと。
今回でFT後の人工授精は4回目になります。
5回目、6回目となるとどんどん確率が下がっていきますから、
実質、今回がラストチャンスだと言えます。

お薬の効果や人工授精回数を照らし合わせると、
今回が妊娠確率が最も高い状態でのはずです。
今回がダメでも次回もう一度行いますが、
5回目以降はもうだめ押しになってしまいますね。
今回に全力を投球して、
だめなら体外受精を覚悟しようと思います。
そして、予定通り体外受精の前に一度、
お休み期間を3ヶ月ほどもうけようと思っています。
案外、このお休み期間に妊娠できたりして……
なんて期待をしていたりするんですが。
「あきらめた頃に妊娠した」とよく聞きますが、
もしかしたら自分たちも……?と希望を持っているんです。




夫と二人で不妊クリニック

今日は夫と二人で不妊クリニックへ。
今回は夫がクリニック採精をするため、
一緒に行くことになったのです。
着いてすぐ、夫は採精室へ。
ちょっと衝撃だったのが、
採精室のビデオは無修正なんだとか……
調べてみると、不妊クリニックの採精室には、
たいてい無修正のビデオが置いてあるのだとか。
夫に聞いたところ、
リラックスできるよう、二重ロックになっていたり
リクライニングチェアだったりと、
最大限に工夫してあるそうです。
おかげで、それほど焦ることもなく、うまくいったそうです。

1時間半後、今度はわたしが人工授精に臨みました。
今回は若い男性医師でした。
いつもは超音波も人工授精時もゼリーを使ってもらうのですが、
「人工授精のときは、ゼリーは使いません」
と先生の方針で使わないことに。
不安だったけれど、丁寧にしてもらえたためか、
何とか耐えられました。

今回はお薬が効き始めてきたのか、
精子の状態が良くなってきていましたよ。
運動率だけは40%と平均以下ではあったんですが、
これまで15%やら30%やらばかりなので、良い方だと思います。
濃縮後には92.3%にまでアップしたので、まず問題なさそう。
何より、精液量が2ml、精子濃度9430万と良くて、
濃縮後も良い数値が出ました。
私の排卵も直前だったし、
精子の状態も良いし……ということで、
今回は期待値が過去最大に高いはず!
先生も、「今回の状態は良いですよ」と太鼓判。
まあ、確率の問題なので何とも言えませんが、
ともかくはベストを尽くせた人工授精となりました。




超音波検査の結果、急きょ人工授精

生理周期12日目の今日。
超音波検査に行ってきました。
すると、右の卵胞がすでに19ミリにまで達しているとのこと。
20ミリを超えると排卵が近い状態ですから、
12日目にしてかなり早く大きく育っていることになります。
前回は約4日遅れた排卵だったのですが
今回はなぜか4日ほど早まっているようです。
「内膜の状態も充分に分厚くなっていますから、
明日人工授精しましょう」と言われ、
急きょ明日、人工授精することになりました。
いつもは自宅にて採精するんですが、
いつも状態が良くないので、
少しでも確率が上がるなら……と今回はクリニック採精を選びました。
看護師さんに確率が上がるか聞いてみると、
「フレッシュなのは確かですから、
2時間かけて持ってくるよりも良いはず」とのこと。
やはり、ほんの少しだけですが状態が良くはなるようです。
排卵がまだ来ていないので、
今日はHCG(排卵誘発の注射)を打つことになりました。
毎度のことながら、これ痛いんですよね……
皮下注射で、針がささるときより薬が入るときの痛みがたまりません。
まぁ、注射自体はすぐに終わるんで何とか耐えますが……。

今回で4回目の人工授精になります。
1回目をノーカウントにして、
FT手術(卵管を造る手術)後から数えると、3度目。
そろそろ妊娠してもおかしくないタイミングだと思うのですが……
精子の状態が良くなるお薬も毎日飲み続けているし、
今回は前回のように排卵後の人工授精ということもないし、
明日の人工授精に願いをかけたいところです。




あと2回で体外受精に切り替えていきます

今回は覚悟していたのですが……
やはり生理が来ると落ち込んでしまいます。
今朝、とうとう生理が来てしまいました。
また一からやり直しです。
ただ、今回はもともと排卵が終わってからの人工授精だったこともあり、
早い段階で諦めていたためか
何とかまたチャレンジする気力がわいてきました。
次は、また排卵チェックのために
12日後に超音波検査に行きます。
そして、おそらく16日目頃にまた人工授精ということになりそう。
今回は何とか排卵よりも前にしてほしいと願うばかり。
また土日の休日に邪魔されないことを祈ります。

さて、わたしたちの(心の中で決めている)チャレンジも
残すところあと2回。
そして、その後はしばらくお休みして、
体外受精に切り替えていきます。
体外受精は体力的にも精神的にも経済的にも大きなダメージのうえ、
できるかどうかは運しだい……という感じなので
できれば避けたいと今は思っているのですが……。
願わくば、
あと2回チャレンジして、
その間に夫の精子の状態が良くなれば、
さらにあともう一回人工授精でも良いかな……と思っています。
それも先生と相談しないと、
もはや自分たちだけでは判断つきません。
ただ、不妊治療に取り組んでいて思うのは、
自分たちの決断あってこそ先生の存在が必要だということ。
不妊治療はあくまで自分たちの努力と決断で進めていくものなんだな~
と今は実感しています。
先生に頼りきりでは、納得できないしうまくもいかない。
不妊治療を通して、少し精神的に鍛えられた気がしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ