FTという卵管を造る手術

今日は、FTという卵管を造る手術を受けてきました。

局所麻酔でもできるのですが、
卵管造影で痛みが強かった人はきついらしく、
全身麻酔でお願いしました。

手術は朝9時に受け付け、
9時45分頃に手術室に入りました。

まずは超音波で卵胞の具合を見て、17ミリとのこと。

そして、手術が始まる前に、麻酔が入っていきました。

だんだん頭がしびれるような感じがして、
真っ暗の世界になり……

そんな中でもちょっとした違和感が夢うつつの中にあり、
世界がほんの少し明るく感じたときには
痛みと違和感が強くなっていきました。

が、苦しいというよりは、
麻酔による吐き気の方が強かったです。

荒れた夜の海の上を船でぐらぐら揺れている感じ。

それが終わったと思ったら、名前を呼ばれ、
意識がだんだんと戻っていきました。

終わってみれば10時10分。
ほんの20分ほどの手術だったんですね。
麻酔が切れると同時に、卵管部分に痛みが走り、
座薬を入れてもらいました。

間もなくして、痛みは完全に消え去り、
手術したことさえよくわからない状態に。

結局、一番つらかったのは麻酔による吐き気でしたね。
意識朦朧とした中で、
「左の卵管が軽く癒着していたので、
クラミジアの検査をします」と言われ、採血がありました。

クラミジア検査はFTの前にもされたのに、
どうしてまたされるんだろう……?と不思議でした。

約1.5時間、麻酔からの回復に時間がかかりました。

帰ってからは、まだ吐き気が少しあったのでおかゆを食べ、
おなかが満たされると同時に吐き気も治まっていきました。

夜には完全回復!
2日後には人工授精。

ほんの少し、期待度アップです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ