「コーヒー不妊」タグの記事一覧

コーヒーは不妊の原因?ノンカフェインのたんぽぽ茶がおすすめみたい

たんぽぽ茶

昨日、飲んだコーヒーの杯数を数えて
ちょっとこれはいかん!と思ったので、
今日からコーヒーを減らす作戦を開始することにしました。

カフェインは体を冷やすらしいので、
妊娠には本当、良くないですからね。
とりあえず、出かけたときに
いつもは何も考えずコーヒーを頼んでいたのを、
「ジャスミンティー」
「日本茶」
みたいなのがある喫茶店ではそれに換えることにしました。

コーヒーがあまりに習慣化していたので、
つらくなるかな……と思ったのですがそんなことはないですね。

お茶に換えたら換えたで、
特に大きな抵抗は感じませんでした。
こんなことならもっと早くやっておけばよかったです……

コーヒーは、
カフェイン中毒になるとかならないとか、
そんな説があれこれありますが、
結局のところ、カフェイン中毒なるものは「ない」んだと
どこだったかの研究者が言っていました。

カフェインに依存性はないのだそうです。

だから、たばこやアルコールとちがって
やめるのはとっても簡単なのだと。

そういえば、一年前に妊娠したときも、
ほとんど抵抗なくやめることができました。
たまに飲みたいときは、自宅で妊婦向けカフェインレスコーヒーを飲んだりして。

あとは、たんぽぽ茶や、喫茶店に行ったときは紅茶を半分薄めてもらって飲んでいました。
子どものためとあらば、それぐらいの我慢はどうってことないんですよね。

わたしの場合は、自分の飲んだコーヒーがおなかの赤ちゃんにざさ~っとかかっている姿を想像すると一切飲めなくなりました。




カモミールの妊娠効果

昨日(今朝)が朝5時コースだったので、
今日はなんだか一日中眠くて仕事になりませんでした……
20代の頃は2日徹夜が続いても何とかなっていたのに
30代に入ると急につらくなります。

今日は早く眠って、
明日元気いっぱいに取り組みたいと思います!
何となく気だるくすっきりしなかったので、
お向かいにあるおしゃれなカフェで
カモミールティーを飲んでみました。

ふわっとりんごのような香りが広がって、
さっぱりした味わい。
カモミールはストレス解消に良いようですね。

また、体を温める作用もあるそうです。

今のわたしにはぴったりのお茶かもしれません。
疲れもストレスもピークを迎えているようです。

こんなとき、
わたしの一番のストレス解消法は
エステかネイル、もしくはカフェ巡りです。

カフェでのんびり好きなコーヒーを飲んだり
ケーキを食べたりして過ごす時間は至福です。

(激太りコースがもれなくついてきますが……)
ただ、最近思うのは、
…………わたし、コーヒー飲みすぎ??

いつも仕事の間机の片隅にホットコーヒーがありますが、
そういえば朝から何杯飲んでるんだろう……と数えてみると、
朝マグカップで1杯。

昼、食後に1杯、おやつと一緒に喫茶店で1杯。

夕食後にカフェインレスコーヒー2杯。

夜にも仕事をするときは、またまた1杯。

昨日みたいに朝までコースのお仕事だと、
深夜にもう1杯……
というわけで、
普段から平均6~7杯飲んでいるわけですね。

う~ん、これが冷え性の原因かもしれません。




生理2日目

生理2日目。
生理が来て気が抜けてしまったのか、
また体温を測り忘れました。
おかげでほんのちょっとだけ眠れました。
慣れているとはいえ、
やはり体温のためにほんのちょっとだけ(数分ですが)
早起きしていると思うとしんどいです。
それでも妊娠という大きな目標のためには欠かせない作業なので、
頑張っていきたいのですが……

ところで、
今回だめだった敗因を考えてみました。
というか、敗因はけっこう確信しているものがあります。
それは、排卵検査薬。
これの読み間違いが大きな敗因です。
なぜ読み間違えたか??
その原因も明らかです。
ルナルナと排卵検査薬の結果がずれた!こと。
いつも使っているルナルナを頼りにしすぎていたために、
検査薬の反応が悪いと
「コーヒーを飲みすぎたせいだろう」と勝手に判断してしまったんですね。
本当は、排卵がまだだったというだけなのに!
そしてその後、排卵検査薬が陽性になっても、
「検査薬が感知しすぎているのかな??」
とそれほど重視しなかったのです。
ここがそもそもの大間違い。
時には検査薬の判定ミスもあるでしょうが、
今回に関しては検査薬が正しかったようです。

排卵日とほぼ確実に測定するには、
やはり検査薬を何種類も併用するのが良いのかなと思います。
しかし、それで何ヶ月も妊娠しなかった場合、
一体いくらを検査薬に注ぎ込まないといけなくなるのか……
考えるだけでおそろしい……!
とりあえずは、リーズナブルなアメリカ製を使って、
今度こそ検査薬を信じてみようと思います。




サブコンテンツ